パワハラ防止対策や各種ハラスメント対応の為の従業員相談窓口、カスハラ対策、お客様との絆をより深める為のお客様相談室の代行はお客様窓口支援センターへ

Blog

ブログ

株式会社お客様窓口支援センターは、お客様窓口業務の代行など 様々なサービスで御社をサポートいたします。

2015年12月22日

〜わたしたちの仕事〜
お客様からの苦情やご相談への対応は、それ自体、直接に会社に収益をもたらすわけではありません。
しかしながらそこから得られる情報-すなわち顧客のニーズを知ることが、業務の改善と御社の商品・質の向上、マーケティング戦力に大きく寄与することはあらためて申し上げるまでもないでしょう。
御社が扱われている商品がソフトであれハードであれ(”サービスであれ”)、例外ではありません。
お客様窓口支援センターの仕事はお客様のご要望に対応する一般の窓口業務を代行するとともに、当社独自のシステム(CWS GENOME)を活用し、お客様の”ありのままの声”とこれを各分野の専門家とともに整理・分析した成果を併せてご提供するというものです。
”窓口”だけで終わりではありません
本来、社内業務の一環である受付業務やこの一連の仕事を客観的な「第三者機関」である当社に委託される事によって馴れ合い、かばい合いの意識から隠蔽、あるいは加工されてしまうお客様からの厳しい意見を、客観的な立場から御社の然るべき立場の方々に、正確迅速にお届けします。
近年、個人情報の流出や商品の不良による悲惨な事故の発生など、企業の不祥事がたびたび話題になっていますこうした”事件”はもはや謝罪広告云々ですまされる問題ではなく、企業の存立そのものを危うくしています。
この種の問題の中には、企業側の経営陣に正しい情報が届いていたならば、迅速な判断と早期の対応によって深刻な事態を回避できたかもしれません。
多くの企業が ”お客様窓口” を設置しているにもかかわらずこうした”事件”に発展するまで放置しがちなのは、社内機関であっては、一般から寄せられる情報を一切、歪めることなく”第三者的”に伝達していくことが難しいからです。
そして、この点にこそ当社「株式会社 お客様窓口支援センター」をご活用いただく大きなメリットがあるのです。また顧客から寄せられる苦情、相談への対応は臨機応変な姿勢が重視される営業・交渉の場と異なり、画一的であることが望まれます。
それゆえに当社のような専門機関への委託には、人件費をはじめとする御社のコストの削減と業務の効率化に明らかに資するものであると同時に、きわめて理に適ったものなのです。
当該業務に当たるコミュニケーターは、事前に充分な研修を受け、御社とその業務内容、商品等々に関する充分な知識を蓄えた上でお客様のお相手をします。
またクライアント様のご要望に応じ、外国のお客様にも対応可能な体制を整えております。(当社スタッフおよび提携機関の守秘義務は、もとよりこれを最大限の注意をもって遵守いたします。)