パワハラ防止対策や各種ハラスメント対応の為の従業員相談窓口、カスハラ対策、お客様との絆をより深める為のお客様相談室の代行はお客様窓口支援センターへ

Blog

ブログ

現場でできる問題解決の5つのステップ

2016年4月21日

通常、トラブルの原因を探っていくと企業、お客様、第三者そして不可抗力のいずれかにたどり着くはずです。十分な情報に基づいてトラブルの実態が把握できれた後、申告度合いを見極めます。

「けが人は?」
「製造物責任に発展する?」
「お客様に時間や金銭面の損失は?」
「お客様のさらにお客様に損害が及んでない?」
等を見極めその原因を把握していきます。

トラブル対応を適切にエスカレーションするには組織的な体制が必要です。体制が整っていればオペレータはお客様から寄せられたトラブルと原因を分類し、社内の適正部署に報告することが可能となります。
理想的には顧客データベースの全社的共有をお勧めします。