パワハラ防止対策や各種ハラスメント対応の為の従業員相談窓口、カスハラ対策、お客様との絆をより深める為のお客様相談室の代行はお客様窓口支援センターへ

Blog

ブログ

2015年度上半期・広告の苦情が増えたのは「過払い金返金請求」「スポーツクラブ」

2015年12月7日

2015年11月26日 掲載広報会議 編集部から抜粋

日本広告審査機構(JARO)は24日、2015年度上半期の広告審査に関する統計をまとめた。苦情や問い合わせなどの相談受付総件数は4033件(前年度比92.0%)。内訳は「苦情」が2977件(89.6%)、広告制作にあたっての「照会」は809件(95.4%)でいずれも減少した。

今年度からは、従来の「電話・FAX等」だけでなく、サイトから苦情を受け付ける「JAROオンラインご意見箱」を統計に加えており、「電話・FAX等」は2436件(同94.2%)、「オンライン」は1597件(同88.7%)寄せられた。

業種別の苦情件数を見ると1位は「通信」で508件(同66.5%)、2位が「小売業」で247件(同96.4%)、3位が「一般食品」で163件(同122%)。「通信」「一般食品」「化粧品・石鹸・洗剤等」は、前年同期に苦情が多かったテレビCMがあった反動で、減少が目立った。一方で、増加したのは「相談業務」「塾・教室・講座」で、過払い金返金請求のテレビ・ラジオCM、スポーツクラブのテレビCMへの苦情が増加した。http://www.advertimes.com/20151126/article210180/