パワハラ防止対策や各種ハラスメント対応の為の従業員相談窓口、カスハラ対策、お客様との絆をより深める為のお客様相談室の代行はお客様窓口支援センターへ

Blog

ブログ

横流し食品、製造者偽装か=詰め替え箱に屋号—岐阜の仲介業者

2016年1月18日

カレー店「CoCo壱番屋」を展開する壱番屋(愛知県一宮市)が廃棄した冷凍カツなどが横流しされた事件で、産業廃棄物処理会社「ダイコー」(同県稲沢市)からカツを買い入れた製麺業者「みのりフーズ」(岐阜県羽島市)が、食品を詰め替えた段ボール箱に自分の屋号と記号が印字されたラベルを張っていたことが18日、岐阜県の調査で分かった。
 
 記号は製造所固有記号とみられ、同県などは、仕入れ先を隠すため、自ら製造したと偽装していた可能性があるとみて調べている。
 
 みのりフーズは、壱番屋と印刷された段ボール箱に入ったビーフカツを、ダイコーから購入。別の箱に詰め替え、愛知県の業者などに販売したことが分かっている。
社会(時事通信)