パワハラ防止対策や各種ハラスメント対応の為の従業員相談窓口、カスハラ対策、お客様との絆をより深める為のお客様相談室の代行はお客様窓口支援センターへ

Blog

ブログ

自分の声はお嫌いですか??

2017年10月11日

自分の声や話し方が好きではなく、それが自信のなさにつながっているという方は、決して少なくないはず。けれど自分を変えようとすればするほど、さらに心にブレーキがかかってしまうものです。
しかし、自分を変えようなどと思う必要はなく、ちょっと声を変えてみればいいだけなのです。
電話を通した声はこもってしまうもの。当然のことながら、こもってトーンが低ければ聞き取りにくくなります。そこで電話では、通常よりも少し高めの声で話す必要があります。意識して高めの声を出すのは難しそうにも思えますが、それはとても簡単なこと。
ニコッと口角を上げるだけで、声のトーンは自然と上がます。そこで日ごろから、顔の表情筋を動かすトレーニングをしておくのがベスト(初対面の人と会う直前や、自己紹介をする直前でもOK)。
口角を上げるときには顔の表情筋を使うので、頬をマッサージしてみるといいですよ。そして頬を上げたり下げたり、口角も上げたり下げたり、つまりは表情筋のストレッチをすると、楽に口角を上げることができるわけです。
飲食店やショップ、電話を受ける部署など、接客が必要なところでは、声を出すと売り上げが劇的に変化するといいます。声をかけるなら、元気のいい声をかけたいものですが、そのためにはひとつのコツがあります。
それは、語尾に小さな「っ」を入れること。語尾を伸ばしてしまうと元気なく聞こえてしまうので、「っ」を入れて短く切るというわけです。たとえば次の接客用語の語尾に、小さい「っ」を入れて活気よく伝えるといいです。
・いつもお世話になっております(っ)。
・いらっしゃいませ(っ)。
・ありがとうございます(っ)。
・お待たせいたしました(っ)。
・かしこまりました(っ)。
・少々、お待ちください(っ)。